まさみデンタルクリニック

歯が痛い、虫歯治療

早めに治療しましょう

早めの治療と定期検診を

今は痛くないから、歯がしみるけど歯医者はまだいいや、と歯医者さんに行くことを後回しにしていませんか?
虫歯は知らないうちに進行しており、歯と歯の隙間、奥歯の裏側など、自分では見えない部分が虫歯になりやすいです。
歯の表面が黒ずむ虫歯の初期症状でも、レントゲンを撮ってみたらとても進行してるといった場合もよくあります。歯医者は痛くなってから通う場所、という考えではなく、痛くならないように予防をする場所と考え定期的に通うようにしましょう。

今までの治療は削って治す治療が一般的でした

今までの治療は削って治す治療が一般的でした

虫歯になったら削ってを詰める、被せる。また虫歯になったら削るというが今までの虫歯治療でした。銀歯や金歯にも耐久年数はあります。虫歯の再発リスクは銀歯では5年から10年、金歯は20年ほどと言われています。ですが治療するたび歯は細く弱くなっていきます。弱くなった歯は虫歯になりやすく、虫歯が神経まで達すると抜歯することになってしまいます。当院では大切な歯を守るために、なるべく抜かない・削らないを前提に治療を行っております。

分かりやすい説明

分かりやすい説明をいたします

お口の中の状態や治療内容は一人ひとり違うため、治療の際には分かりやすい説明を心がけております。今日はどのような治療をするのか、次回はどのような治療をするのか、全体の治療が終わるまでどのくらいの回数が必要なのかを、しっかりご説明いたしますので、分からないことや不安なこと、どんどんご質問してください。しっかりとご説明いたします。

早めの治療で費用を安く抑えられます

早めの治療で費用を安く抑えられます

当院は保険診療で治療を行いますが、虫歯は症状が進行すればするほど、治療回数が増え、治療内容も複雑になり、治療費がどんどん増えてしまいます。被せ物や詰め物の範囲が大きくなるにつれ、使用する材料が金属やセラミックなどの耐久性がある高価な材料にしなければならないことなども、費用が増える理由となります

初期段階で早めに治しましょう

初期段階の虫歯の治療は、歯をあまり削らず詰め物をする治療を行います。詰め物というと銀歯を想像するかもしれませんが、小さな詰め物でしたらプラスチックの詰め物で対応できます。歯に金属を詰めることに抵抗がある方も多いと思いますので、なるべく初期の段階で治療し、プラスチックの詰め物をされることをお勧めします。

急な痛みにもできる限り対応

急な痛みにもできる限り対応

治療はご予約された方が優先となりますが、急な痛みが出た時は、医院にお越しいただいて大丈夫です。先に治療されている方がいたら少々お待たせしてしまいますが、ご了承ください。なるべくお待たせしないように致します。通常の治療はできるだけ待ち時間ができないよう、予約されることをお勧めしております。ご予約はお電話でも大丈夫ですので、ご予約される際「ホームページ見た」と言っていただけるとスムーズに対応できます。

無料
相談

インプラント
矯正歯科 相談日

お気軽にご相談ください。

インプラント2021年12月3日
矯正2021年12月7日
© 2020 Masami Dental Clinic All Rights Reserved.
TOPへ
戻る